女性の薄毛の原因と対策│女性用育毛剤の正しい選び方

女性の薄毛・抜け毛の原因になる行動や習慣を元にした改善の方法やおすすめの育毛剤や髪の毛に関連する情報をまとめています。

女性の深刻な薄毛や抜け毛の悩みをリサーチ

女性の髪
加齢による薄毛は男性だけではありません。女性の場合、ホルモンバランスの乱れが顕著に身体に現れます。女性も年を重ねるごとに髪にコシやハリがなくなり、髪の毛自体が痩せてきます。

「若い時ほど髪にボリュームがなくなった」と感じられる原因です。

毛根に元気がなくなり、ひいては髪の毛全体から末端の毛先に至るまでにパサつきがみられるようになりますが、元気のない髪の毛は次第に弱っていき脱毛期に抜けていきます。

現在、育毛や増毛の商品や手段はテレビCMなど様々な広告媒体で知ることができますが、男性向けの商品が多く取り上げられている反面、女性用の商品が少なく感じます。

男性だけでなく女性は特に髪の悩みを相談するのが恥ずかしく感じてしまう方が多くいて、人に言えない悩みを抱えるのは心身ともに相当なストレスがかかることでしょう。

この悩みがコンプレックスになり外出が極端に減ってしまい、人の目を避け無意識にコソコソと行動してしまうと解決策の一つでもある、「生活習慣の改善」が難しくなってしまいがちです。

こうなってくると負のスパイラル状態、悪循環が生じてきます。髪に対して優しくない、薄毛や抜け毛の原因になる行動や習慣を挙げてみますのでぜひ参考にしてみてください。

女性に見られがちな薄毛の原因11例

1.洗髪の方法

特に夏場、汗をかくことが多くなるといつもより多めに髪を洗うことはありませんか?

ベトベトとした不快感や臭いを気にして、一日一回ではなく回数が増えてしまいがちですが、そもそも回数を多くしてしまうとそれだけ髪には負担になってしまします。

良かれと思って行う行動が結果的に髪を痛めつけてしまうのです。

2.シャンプーとの相性

洗髪の際に使用するシャンプーがそもそもの原因を作り出すこともあります。

自身の肌に合わないシャンプーを使い続けてしまっては元も子もありません。またかぶれや赤みなどの症状が出てしまうと完治までに時間を要してしまい、この状態も頭皮にとっては不健康であるといえます。

以上の事から自分に合ったシャンプーを探すことが大切になります。毎日の事ですのでより質の良い洗髪をおすすめします。

女性の薄毛はシャンプーや髪を洗う生活習慣が原因に?

3.紫外線などの外的刺激

紫外線は頭皮にとって大敵です。

顔や腕などの紫外線対策は完璧なのに、頭皮に関してケアが十分でない方が多くいるのが現状です。

顔と同じように頭皮もケアを怠ればその分ダメージを蓄積してしまいます。同様に髪にもダメージがかかります。

その結果、髪の毛を構成しているケラチンタンパクに悪影響を及ぼします。

UVカットスプレーなどが市販されていますが、手軽に行える対策として日傘や帽子をおすすめします。

4.血行不良

頭皮の血行不良は、毛根から栄養を得ている髪の毛にとってはかなりの影響を及ぼします。

人間の体は血液の循環をうまく行うことで皮膚や爪、髪の毛などの末端の部分まで栄養を行き届かせます。

しかし心臓から遠い頭や指先などに多く存在する毛細血管は細く血行不良を起こしやすいです。

血行不良は冷え性が例に挙げられます。定期的にマッサージを施すことで改善が見込めるので心がけましょう。

5.頭皮に負担のかかるヘアスタイル

ポニーテールなど髪を引っ張り上げるようなスタイルは常に髪にテンションがかかっている状態になるため髪の毛が抜けやすくなります。

例を挙げると、逆毛などセットの際に用いる手法は髪の生える方向と逆の流れを作るのでその分髪自体に負担がかかってしまいます。

また髪の毛に負担をかける要因でセット時に使用する整髪料(ムース、ワックス、スプレー等)によるダメージがあります。

これらの整髪料をしっかり落とすためにゴシゴシ洗いをしてしまい、切れ毛のもとになりかねません。

6.洗髪後の乾燥が不十分

洗髪後にタオルドライ、ブローなどを行い髪を完全に乾かすのは日常的に行っていることです。

しかし中途半端にタオルで拭いただけで充分に乾燥せずに放置したり、寝てしまった経験はありませんか?髪や頭皮を生乾きのまま放置すると、雑菌の繁殖を増加させたり、頭皮の冷えによる血行不良が生じます。

雑菌の繁殖によって臭いが出てきてしまうこともあり、せっかくキレイに洗った髪が台無しです。つまり洗濯物の生乾きと同じ原理で臭くなってしまうのです。

また頭皮の炎症やフケ、かゆみの原因にもなりますのでしっかり乾かすことが重要です。

7.パーマ、カラーリング

おしゃれに気を使い、パーマやカラーリングでスタイルに変化をつけて楽しまれている方はたくさんいます。

しかしここで注意してほしいのは、パーマやカラーに用いる薬剤がどのように影響するかです。

すでに生えている髪の毛のパサつきや枝毛、切れ毛などは直接薄毛や抜け毛に繋がるということではありません。

より深刻なのは、頭皮に与える影響です。

毛根から浸透した薬剤の影響によって、健康な毛のサイクルが乱れ健康な毛髪がしっかり成長することなく脱毛期を向かえてしまいます。

また薬剤を塗布した際に現れる炎症も深刻なダメージとして蓄積されます。

8.食生活の乱れ

現代人に多く見られがちな栄養の偏りも原因の一つと考えられています。女性に関しては無理な食事制限ダイエットが抜け毛の原因になることも少なくありません。

髪に必要な栄養素として代表的なのは「タンパク質」「亜鉛」です。

髪の毛を構成するケラチンはほぼタンパク質でできており、「タンパク質+亜鉛」を食事で摂取することで健康な髪の毛の土台を作ってくれます。

そのほかにも髪の毛をキレイに保つ栄養素や、タンパク質の吸収を助ける栄養素、コシの強い髪を作る栄養素があります。

いずれにしても、バランスのとれた食事は内側から髪の健康を作ってくれるのです。

9.女性ホルモンの変化

女性ホルモンの急激な変化による抜け毛は経験がある方も多いことでしょう。例を挙げるとすれば出産です。

出産で女性の体はお腹の中の子を育てるために様々な変化が生じます。産後には今まで見られなかった体質の変化が起こることもあります。

また更年期(閉経を挟んだ前後、45~55歳のころ)には女性ホルモンが急激に減少します。このころになると髪も身体と同じように老化します。

髪の毛が細く毛根が痩せてしまうので、ボリュームがなくなり薄くなっているように見えます。

対策として外側からは血行を促すマッサージを施す、内側からは女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンの摂取をおすすめします。

10.ストレス

ストレスが蓄積すると身体的にも精神的にも影響を及ぼし兼ねない事態になります。

女性の悩みで多いのがストレスによる肌トラブル、また肌と同様に頭皮も強いストレスがかかるとその機能に異常をきたします。

血行不良、ホルモンバランスの乱れ、亜鉛の減少、自律神経の乱れなどが発生し髪の毛を健康に保つことが難しくなります。このように様々な因子が重なり抜け毛や薄毛が進行していきますので注意が必要です。

人は生きていくうえでストレスは抱えてしまうものです。同時に自身のストレスとの付き合い方や発散方法を模索することが重要になってきます。

ホルモンバランスの乱れやストレスが女性の薄毛の原因

11.免疫力の低下

最近風邪をひきやすくなった…と感じると「免疫力が低下してきた」と実感される方も多くいるでしょう。

身体の免疫機能が低下するとウイルスに対抗するための防衛システムが弱まり体調を崩すといわれています。

免疫力が低下すると、毛の根っこにある毛母に栄養が十分に届かず健康な毛髪が育ちません。そうなると生えている髪の毛は成長が止まり抜けていきます。

頭髪はほかの器官に比べ早期に症状が出てしまうといわれており、油断できないものです。また免疫力をアップさせるには「睡眠」「ストレスの解消」「運動」が大切といわれています。

上記でも書いているように様々な原因で女性の薄毛は進んでいきます。

悩みに悩んだ結果、誰かに悩みを打ち明けたくても、友人に相談するにはハードルが高いものです。同性でも迷ってしまい躊躇してしまうところでしょう。

人言えない悩みほど抱えていてつらく感じてしまうもので、だからと言って自分自身で解決しようとするとまずは情報収集から始まります。

しかし現在ネット社会と言われている時代ですので情報が溢れていてここでも二の次を踏んでしまうところだと思います。

そこで当サイトから薄毛対策に適した比較的評価の高い3つの育毛剤をご紹介いたします。

自分の体質、髪質、習慣など様々な要因からそれぞれにあった正しい条件に合った商品を選んでいただき、薄毛や抜け毛などのお悩みが解決に向かっていけば幸いです。

オススメの女性用育毛剤

女性専用の無添加育毛剤「マイナチュレ」

マイナチュレ育毛剤ボトル&化粧箱

安心の無添加をうたっているだけあって、頭皮の健康に必要な成分しか配合しておりません。

育毛は急に変化が見えるものではありませんので、少しでも有害な成分が入っているとその成分もろとも蓄積していってしまいます。

微量でも長く使っているとダメージになってしますことがあります。その点で高い評価を得ているのが「マイナチュレ」です。

育毛剤は、効果を得るためには継続して使うことが大切であり、長い付き合いになりますので安心して使える商品が良い!マイナチュレは、薄毛、抜け毛の予防~発毛、育毛の促進まで1本で補える点はコストの面を考えても安心です。

さらに女性の抜け毛のメカニズムを徹底的に研究し開発された育毛剤ですので、使用感や無香料、ボトルの形など細部にまで着目、マイナチュレのこだわりが詰まっています。

サプリやシャンプーなどの商品展開も行っており、効果をより実感されたい方は併用することも可能です。各種メディアでも取り上げられていることもあり、多くの方が効果を実感しています。

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤_ベルタ頭皮クレンジング
女性に嬉しいサプリメントを数多く取り扱っていることで有名なベルタから出たベルタ育毛剤。

特徴は低刺激で肌タイプ(乾燥肌、脂性肌、混合肌)を問わず使える、さらに56種類もの育毛促進や頭皮に良い天然成分が配合されている事です。

大変細かい粒子状にすることで、毛根の奥まで有効成分を浸透させることに成功しました。

頭の地肌が固くなり乾燥していては健康な髪が育たないだけでなく、抜け毛に拍車がかかってしまいます。

ベルタ育毛剤は頭皮の乾燥やそれに伴うフケやかゆみを予防、改善を目的とした保湿成分も配合しているので、ユーザーの高い評価も納得の結果です。

長春毛精

女性の薄毛の悩みに無添加、無香料、使用感にこだわり開発された育毛剤です。

自然由来の和漢成分を12種類配合、独自の製法で粒子の細分化に成功。その結果、髪と頭皮に優しい成分が毛根の奥まで浸透し、効率的に育毛を促します。

洗髪後にタオルドライをし、スプレー後マッサージを施します。

スプレータイプなので使用しやすいのもうれしいポイントで、長期ご利用のお客様には、定期コースがオススメ!

初回限定のお求めやすい価格でお試しできるのもコストパフォーマンスの面でお財布に優しいです。

今利用中の育毛アイテムは自分に合っていますか?

ご紹介した育毛剤のほかにも多数の女性用育毛剤、育毛シャンプー、サプリメントなどが各社から販売されています。

もちろん一番大切なのは「自分に合っているか」という点です。

人それぞれ生活習慣や肌質、髪質も違うので自分に合った方法を模索することが必要とされます。それがコンプレックスを打開する解決策になるかもしれないのです。

加齢による薄毛や抜け毛は、しようがないでは済まされない悲しい現実です。

コンプレックスを理由に外出を控えたり、気持ちが暗くなってしまうのはもったいないことだと思います。

「もう年だから…」年齢を理由に諦めてしまうのではなく、薄毛や抜け毛の原因である習慣やケア方法を見直し、自分の可能性を広げてみてはいかがでしょうか?

紹介した商品がそのきっかけになれば幸いです。

女性の育毛を支える食べ物や栄養素

女性用の育毛剤や育毛シャンプーは効果が高いので、育毛したい人はそういったグッズを利用する人が多いですよね。しかし、食生活まで見直している人はどれほどいるでしょうか?

育毛するためには、どんな食材がお勧めなのか?そして女性ならば美も手にいれたい所だと思いますので、育毛に良い栄養素や美容の面についても紹介します。

育毛にお勧めの食材はタンパク質・ミネラル・ビタミンE

髪の毛はタンパク質からできているため、タンパク質を多く含む食材が育毛には欠かせません。また、ミネラルやビタミンEなども育毛には欠かせないもの。それらが含まれてる食材は、以下が代表的な食材です。

タンパク質

髪を構成するのは、99%がタンパク質です。髪はケラチンと呼ばれるアミノ酸からできているため、それを補うためにタンパク質が必要です。
また、タンパク質はコラーゲンを作る材料でもあります。肌のハリを取り戻したり、若返りのために必要な栄養素なので女性の育毛と若返りに欠かせません。

大豆、枝豆、豆腐、魚、肉、卵、牛乳、チーズなど

亜鉛

亜鉛は新陳代謝を高める働きがあります。髪が再生するためには、細胞分裂を活発にして髪が産まれるサポートをしなければいけません。また、亜鉛はキューティクルを保護して髪の摩擦などの刺激を守る働きもあるため、丈夫でツヤがある質が良い髪を作る働きもあります。

美容としては、亜鉛もコラーゲンの育成に関わってきます。肌のハリや若返りに効果があるのが亜鉛です。

納豆、アーモンド、ピーナッツ、ゴマ、海苔、いわし、卵、赤身の肉など。

ビタミンE

ビタミンEは、過酸化脂質(コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたもの)が作られるのを防ぐ役割があります。過酸化を防ぐと、頭皮に血液が流れるのがスムーズになります。血液には頭皮や髪に必要な栄養分が含まれているため、血流がスムーズになれば育毛にも良い働きをしてくれます。

ビタミンEは、抗酸化作用があります。活性酸素を除去する役割があり、老化を防ぐために一役買っています。

アーモンド、ゴマ、オリーブオイル、アボガド、ピーマンなど。

まとめ

薄毛や抜け毛の原因を改善してみて効果が無ければ、食べ物や栄養素を見直すといいでしょう。

育毛を助ける食材は複数あり、色んな料理が編み出せます。食べ物の好き嫌いもあると思うので、好みの食材で好きなように味付けをしてオリジナル育毛レシピを作ってみてはどうでしょうか?

ご飯に海苔を乗せるだけでも亜鉛を摂取できますし、おやつにピーナッツを食べるなどの料理をしなくても育毛に良い食べ物ができるはずですよ。

食べ物を工夫しても効果が薄い、または早期に問題を解決したいのであれば、育毛剤を一緒に利用することをおすすめします。

専門のクリニックは料金が高いので、おすすめはできません。
クリニック以外で薄毛の人が、自身で育毛するには根気強く努力していくしかないのです。

遺伝でなかなか薄毛が改善しないという方もいますが、育毛剤を使う方法をおすすめするのは、比較的早い段階で薄毛や抜け毛を改善することが出来るからです。また育毛剤がもっとも安く、自身で効率的に行える対策になるからです。

早い段階で結果が出ないことで途中であきらめてしまう方も多くいますので、治したいなら最善を尽くすようにしましょう。