女性の薄毛の原因と対策│女性用育毛剤の正しい選び方

女性の薄毛・抜け毛の原因になる行動や習慣を元にした改善の方法やおすすめの育毛剤や髪の毛に関連する情報をまとめています。

頭皮の紫外線対策が重要!髪の毛のUVカットとヘアケアグッズについて

   

帽子をかぶった女性

日差しが強い日や季節に女性が気になるのは「紫外線対策」です!お肌のケアは完璧!とお考えの方でもこと頭皮の紫外線対策に関しては完璧と言えるのでしょうか?目の届く、手の届く範囲だけUVケアをして満足してはいませんか?

実は最もダメージを受けやすいのは頭皮なのです!かと言って日焼け止めを髪や頭皮に塗布するわけにもいかないし、また帽子などでカバーしても太陽の強い光が照らしている日中の暑さでは帽子の中で蒸れてしまい汗を余計にかいてしまいます。

そうなると頭皮にはいい環境とは言えなくなってしまいます。今回は紫外線の気になる暑い季節、髪と頭皮に及ぶ影響などの情報と予防対策についてお話したいと思います。

紫外線はなぜ怖い?紫外線の種類について

紫外線照射が人体に与える影響とはどのようなものがあるのでしょう。
そもそも紫外線には3つの種類があります。

UVA波

太陽から地上に届く紫外線のうち95%を占めており雲や窓ガラスを透過し皮膚の深部まで届きます。また長時間浴びると身体に影響があると言われています。また肌が日焼けする原因と言われているのがこのUVA波です。

さらに肌の奥にあるコラーゲン層を破壊してしまうので肌は弾力を失いシワの原因にもなります。

UVB波

最も有害とされておりそのほとんどは大気層(オゾン層など)に吸収されますが、全体の約5%は地上に到達し人体に悪影響を及ぼします。

A波と違って窓ガラスでほぼカットされます。また日焼け、皮膚がんの原因になるので注意が必要です。またシミや色素沈着、肌が赤く炎症を起こしてしまう原因と言われているのがこのUVB波です。

UVC波

地球の周りを囲む大気層(オゾン層など)に吸収され地上に到達しない。

上記であるようにUVA波とUVB波が「紫外線」と言われているもので、人体に影響を与えます。日焼けも恐ろしいですが、肌の深部に蓄積するとメラノサイトが活性化、色素沈着を引き起こし、シミ・そばかす、さらにはシワの原因にもなり得ます。

紫外線対策に!日焼け止めの数値と使い分け

日焼け止め

シミやシワの原因やアレルギーなどの症状も起こる恐ろしい紫外線、予防対策として日焼け止めを使用する方も多いことでしょう。日焼け止めには紫外線吸収剤が含まれているものがほとんどで紫外線の種類に応じた数値が記載されています。

UVA波は「PA+」と表記されており、プラスの数が多いほど効果が高いとされています。UVB波は「SPF50」(50を超えるものは末尾に+と表示)という表記がされており、数値が高いほど効果が高いです。

また、屋外用や屋内用、海や山など直射日光が強い場所用など用途や場面に合わせた商品が各社から発売されています。

しかしこれらの値は肌に塗布した場合の効果や指標とされていて、頭皮や髪の毛に対してのものではありません。

そのため、ヘアケア用品にある紫外線カットや紫外線ブロックなどの表示はPA、SPFの数値として表記している商品は現在販売されていないのが現状です。

自身の肌の質、用途、場面によって日焼け止めを使い分けることが重要で、使用後はしっかりと洗い流し肌に残留させないことが大切です。

しかし、本当に紫外線は人体にとって有害なのでしょうか?以下では紫外線のメリット、デメリットについてお話します。

紫外線のメリット・デメリット

紫外線は人体に害ばかりを与えるものではありません。メリットとして代表的なものは、体内でビタミンD3を作ること。

このビタミンD3は別名「太陽のビタミン」と呼ばれており、人が紫外線を浴びるとコレステロールの一種が反応し、プロビタミンDという物質ができます。

プロビタミンDは体内にある酵素によって代謝、その働きはさらに活発になりされてビタミンD3へと変化します。

カルシウムは全体の99%は歯や骨に行きますが、残りの1%は血液や筋肉に存在しています。

たった1%でもその役割は重要で、筋肉の収縮や神経伝達に大いに役割を果たしています。

また、摂取したカルシウムを体外に流してしまわぬように濃度の調節や維持、体外に尿と混ざって排出されようとするカルシウムを再吸収する働きをするのもビタミンD3なのです。

ビタミンD3が不足するとカルシウムの調節、維持、再吸収が出来なくなってしまい骨密度の低下につながります。その結果骨粗しょう症を引き起こしてしまうのです。

「太陽の光を浴びると骨が強くなる」と言われている所以はこのビタミンD3が関係していると言えるでしょう。以上の事から1日10~20分程度の日光浴をおすすめします。

次にデメリットですが、人体に影響を及ぼすA波とB波があり、A波は波長が長く地上に達する紫外線のほとんどを占めていますが、人体に甚大な影響を及ぼすものではなく、メラニンを増加させ肌が褐色になるいわゆる「日焼け」が生じます。

さらにA波は肌の深部まで到達し活性酸素を発生させます。

その結果コラーゲンやエラスチンを変性させ、シワやたるみが出来てしまい俗にいう「光老化」が進行してしまいます。

一方で紫外線B波は波長が短くそのほとんどが大気層ではじかれてしまうため地上に到達するのは全体の約5%と言われています。

しかしこのB波の人体への影響はとても深刻で肌が赤くなりヒリヒリと痛む症状「サンバーン」の原因と言われています。長時間浴びてしまうと水ぶくれなど火傷のようになります。

さらにダメージが蓄積することで色素沈着やくすみが出てきます。

また、B波は皮膚に対する発がん性が強く、B波を浴び続けることで皮膚の細胞にダメージを与えるのと同時に変性、その後細胞遺伝子を損傷させ皮膚がんのリスクを引き起こします。

頭皮も肌の一部なので影響を受けますが、髪の毛が生えているので紫外線をもろに浴びることは少ないとされています。しかし生え際や分け目など地肌が見えてしまう箇所は肌トラブルが起こる可能性がありますので注意が必要です。

紫外線が髪に与える影響

髪の毛も皮膚と同じように日焼けします。

髪の毛に紫外線が当たるとダメージが蓄積され目に見えて変化したときにはすでに取り返しがつかないほどパサパサになってしまうことがあります。

髪は紫外線量に限らず浴びると紫外線を吸収しますので、その際髪の毛を構成しているシスチン、チロシン、トリプトファンなどのアミノ酸が酸化、その後別の物質へと変化してしまいます。

この状態になると髪の毛のケラチンタンパクがダメージを受けてしまいます。

またS-S結合(タンパク質が繋がっている状態)が切れてしまい、酸化に伴ってシステイン酸が生成し髪の毛は触感が悪くなりパサつきやゴワゴワ感が出ます。

髪が濡れた状態だとよりシステイン酸の生成が進んでしまいさらなるダメージを受けると言われています。

さらにUVB波の影響を受け、メラニン色素が破壊されます。

日焼けした髪の毛は色素が抜け、赤茶色のような色になり、光の下に居ると白っぽく見え、ヘアダメージが目立ってしまいます。

以上のようなダメージを受けた髪の毛はのちに薄毛や抜け毛の原因になりかねません。

常日頃からのケアは重要ですが、上記にあるように薄毛や抜け毛の原因になりうる蓄積されたダメージに対するUVケアはさらに大切なのです。

頭皮や髪の毛の紫外線予防対策にはコレ!

帽子

ヘアケアグッズ帽子で紫外線カット!

外出時には必ず帽子や日傘を使いましょう。UVカット加工のされてある製品だと尚良いです。購入される際は紫外線透過率やカット率などのキーワードに注目し吟味しましょう。

また、色の違いで透過率が違ってくるのでこちらも考慮します。

黒は紫外線透過率が約1~2%と言われていますが、熱を集めてしまう色でもあるので帽子の場合、装着時間が長いと辛いものがあります。

この点を踏まえたうえで通気性が良く、裏地や生地に工夫のあるもの(裏地が白に近い等)にしましょう。

UV効果のあるトリートメントで対策を!

シャンプーをした後に普段通りにトリートメントを施します。

現在では各社多種多様なタイプのトリートメント剤が販売されており、生活スタイルや使い心地などで選んでみましょう。

洗い流さないトリートメントで洗髪後に使用するタイプだと、紫外線防止しつつ髪の毛をケアしてくれます。

ベタつきを抑えたスプレータイプやミストタイプもあるのでさらっと使えてイイですね!

頭皮ケア、抜け毛や薄毛の対策

夏は汗や皮脂が毛穴に残ってしまい不衛生になりがちです。加えて強烈な紫外線を浴びてしまいヘアダメージは深刻です。

上記にあるケアを施していても、しっかり洗髪をしなければ元も子もありません。そのダメージが原因で抜け毛や薄毛になることもあります。

洗髪をきちんと行ったうえで頭皮や髪のケアを別で行うのも良いでしょう。

また、すでに抜け毛や薄毛にお悩みの方は悪化してしまう恐れがあるのでケアは重点的に行うことをおすすめします。

紫外線を浴びた頭皮のケアにオススメ!シャンプーのご紹介!

マイナチュレ

無添加でリピート率の高さも頷けるノンシリコンシャンプー。使い心地が良く多くのユーザーから支持されています。

頭皮をより健康な状態にすることを目的としたシャンプーで、地肌に良い美容成分を配合しフケや臭いを抑えます。

アミノ酸洗浄で日中紫外線による刺激を受けた頭皮を優しく洗浄し、さらにしっかり汚れを落としてくれます。ベタつきがどうしても気になる夏にはかなりオススメです!

低刺激なので敏感肌や乾燥肌、オイリー肌さらにはアトピーをお持ちに方など様々なお肌に使用できます。特に頭皮が乾燥気味でフケが気になる方は必見!

保湿効果もあるのでしっかり洗いながら頭皮を優しく保湿してくれます。髪の毛も指通りが良くサッパリ使えます。

また、使用感に不満がある場合の返品制度も充実、電話やメールでの問い合わせも可能なので安心して利用できます。

そのほかケアについての情報を配信するなど、サポートも充実しているのでこちらも嬉しいポイントです!気になる方はぜひお試しを!!

haru黒髪スカルプ・プロ

天然由来の成分100%で作られた肌に優しいシャンプー。

刺激が少なく頭皮に負担がかからず洗えます。口コミやレビューでは高評価を頂いており、大手のメーカーにも引けを取らないほどです。

健康でしっかりとハリ、コシのある髪の毛を目指した商品で、ボリュームアップも期待できます。

なんといっても特徴的なのはオールインワンタイプのシャンプーであること!1本でシャンプー、コンディショナーの役割を果たしており、手間や時間をかけたくない方には大変オススメです。

手軽に洗髪できるのにしっかり洗えて、なおかつ安心のコスパを実現しているのも人気の理由です。

柑橘系の爽やかな香りとしなやかでサラサラな指通りを実感される方が多数いらっしゃいます。また、他社に比べ容量が400mlと多く、1本あたり約2ヶ月使用できるのも魅力的です。

紫外線を浴びた頭皮を天然由来の成分が癒してくれます(^^)返金制度もありますので試してみる価値は充分あります!

イクオス ブラックシャンプー

美容師、プロがオススメするシャンプーとしても有名です。

満足度やモンドセレクション、2016年のスカルプ系シャンプーのランキングでも1位を獲得している実力派なシャンプーです。

ノンシリコンなのはもちろんの事、肌と同じ弱酸性でラウリル硫酸やラウレス硫酸などの有害と言われている成分は一切配合されておらず、紫外線によるダメージをうけた頭皮を優しく、アミノ酸系の力でしっかり洗浄してくれます。

あらゆる頭皮の悩み、フケやかゆみ、臭いやベタつきなど男女問わず使用できるシャンプーです。天然由来の成分が配合されており、低刺激でありながらしっかりと保湿もしてくれて安心してご利用いただけます。

シャンプーとトリートメントがセットになっており、定期購入コースもあります。安心して長く利用できるのも嬉しいポイントですね!

まとめ

今回は紫外線が頭皮、髪の毛に与える影響と対策についてお話しいたしました。

顔や手、足など露出する季節ではありますが、同時に頭皮や髪の毛の事も気にかけて頂きたい!

夏は紫外線をなめていると後々大変なことになります。夏をどう乗り切るかでこれから先の頭皮事情が変わってくるといっても、もはや過言ではないのです!!

顔や手足同様...いや、それ以上に頭皮や髪の毛はダメージを受け、蓄積してしまいます。不十分なケアが招く悲劇を食い止めましょう(^^)/

紫外線の恐ろしさを十分に理解し、正しいUV対策を行って健康な髪で紫外線の強い季節を乗り切りましょう!!

 - 髪の毛や頭皮のケア