女性の薄毛の原因と対策│女性用育毛剤の正しい選び方

女性の薄毛・抜け毛の原因になる行動や習慣を元にした改善の方法やおすすめの育毛剤や髪の毛に関連する情報をまとめています。

頭皮の角栓を除去したいなら頭皮の皮脂を抑える予防対策をはじめよう

   

女性の髪

何かの拍子に頭皮を掻いた後に爪に白っぽい粉の塊が付いてしまっていたり、何回シャンプーをしてもなかなか毛穴に詰まった皮脂が取れないという経験をしたことはありませんでしょうか?

特に女性の方は悩みの種になってしまうと思います。

角栓が頭皮に詰まってしまうと、周りに対して不潔なイメージを与えてしまいますし、た本人にとっても頭皮の環境が悪くなってしまうので発毛や育毛に対して悪影響を及ぼしてしまったり、色々な病気の原因になってしまう可能性があります。

頭皮の症状の状況が悪化してしまう前になるべく早く原因を追求して予防対策を行なう必要があります。

以下に頭皮に角栓が詰まってしまう原因と対策についてご説明をさせていただきますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

頭皮の角栓(コメド)とは

冒頭から角栓という単語が飛び交っていますが、そもそも角栓とはどの様な物になるのでしょうか?

まずこれを知っておかないと認識が薄いまま何となく対処をする様になってしまいますのでお伝えをしておきます。

角栓とは毛穴から分泌される皮脂であったり角質が固まってしまった場合にできるもので、別名では角栓様物質とも言われております。

角栓は、もともと皮脂が分泌されたばかりの時にはまだ柔らかい状態なのですが、時間が経過するとだんだんと粘性が高くなってきて洗い流すことが困難になってきてしまいます。

そして最終的に硬くなり角栓となってしまうのです。

角栓とは元を正すと毛穴に皮脂が詰まりやすい人、強いては脂症の人がなりやすいの症状になるのです。

角栓の量があまりにも多いと髪の毛自身がべとついてしまうこともありますので、気をつけなければなりません。また角栓は髪の毛の成長に対しても非常に悪影響を及ぼす物質となります。

角栓が多いと毛穴に詰まってしまって毛根を防いでしまうので髪の毛が育ちにくくなってしまうことがあります。

ただ角栓が直接的に薄毛の原因になってしまう訳ではありませんが、古い角質が毛穴に詰まっている状態は育毛に対して決して良い環境ではありませんので、ケアをする必要があるのです。

角栓が及ぼす悪影響について

どうして角栓は良くないのか?理由を知っているのとそうでないのとでは取り組み方が違ってくると思いますので、まずはしっかりと角栓の悪影響について理解しておきましょう。

毛穴に詰まった角栓をそのまま放っておくと色々な頭皮のトラブルが生じてしまう場合があります。

頭皮に対する角栓の主な悪影響としてよくあるケースで多いのが頭が臭くなるということです。

皆さまも周囲の人に感じたことがあるかもしれませんが、角栓が毛穴に詰まると空気と触れることでだんだんと酸化をしていきます。

周囲に与える影響としては、まるでチーズみたいな何かが発酵した様な匂いが強くなります。

これらの匂いに対して人は敏感ですので電車や混雑したエレベーターなど人が多い場所では不快感を与えてしまう場合もあります。

ほかの悪影響としては、頭皮が不潔になってしまうことで起きる症状です。

毛穴に角栓が詰まった状態がしばらく続くと、角栓の原因となっている古い皮脂や角質は皮膚常在菌が繁殖をする原因となってしまいます。

そして自己症状としてもフケやかゆみを感じてしまう場合があります。

この様に角栓の悪影響としては自他共に日常生活に支障をきたす症状となりますので、しっかりとケアをして行く必要があります。

常在菌がもたらす症状

日常生活に支障をきたす症状になると誰しもが常在菌がもたらす症状ではないかと気になると思います。考えられる症状を把握しておくことで改善の為のケアの準備ができますので以下を参考にしてみてください。

皮膚の常在菌は頭皮ニキビ、吹き出物、脂漏性皮膚炎の原因となる菌になります。

常在菌は、もともと我々の頭皮に存在しているのですが、あまりにも異常繁殖をしてしまうと健康に害を及ぼす場合があります。

具体的な常在菌がもたらす症状としては次のケースがあります。

頭皮ニキビ

頭皮の皮脂が過剰に分泌をしてしまうことで、毛穴に詰まってしまい、潜んでいるアクネ菌が繁殖をすることで頭皮に炎症をきたす物になります。

アクネ菌というのは空気に触れてしまうと生きられませんので、通常は毛穴の奥に潜んでいますが、何らかの理由で毛穴に皮脂や角栓が詰まってしまいますとアクネ菌の餌となってしまうので頭皮ニキビが増えてしまうのです。

脂漏性皮膚炎

この症状は根治ができない皮膚炎の一つになりまして、マラセチア菌というカビの一種が繁殖をすることによって引き起こされます。

脂漏性皮膚炎は、湿り気がある大きめのフケが出ることがあったり、爪で頭皮を掻くと爪の間にロウの様なフケが溜まったり、かさぶたが治りにくかったりと様々な症状があります。

心当たりがあるなら早めの対策を

この様に常在菌がもたらす症状は非常に分かりやすい物となりますが、その反面で脂漏性皮膚炎というのは一度発症してしまうと長期的な治療が必要なため厄介な症状になるのです。

また厄介な常在菌がもたらす症状としましては、何と言っても抜け毛が増えたり薄毛になってしまうことです。

これはいくら遺伝的にハゲないと言われている人でも、頭皮の毛穴に詰まってしまった角栓は確実に髪の毛の成長を阻害してしまいます。

メカニズムとしては角栓があることで毛根の周辺が圧迫されますので、髪の毛に栄養が行き届かなくなり、だんだんと髪の毛が細くなったり抜け毛が目立ってきます。

もし心当たりがある方は常在菌がもたらす症状なのではないかと疑ってみると良いでしょう。

角栓の対処法

角栓の対処法はいくつかの方法がありますが、何と言っても食事や生活習慣を見直すことがとても大切になります。

特に遺伝的な要因で人よりも皮脂の分泌が多いという方でも適切な方法を行うことで皮脂の分泌量をコントロールすることが可能なのです。角栓の対処法は健康的な食事を行うことと言っても良いでしょう。

人の体は食べ物から作られるのと同じ様に、動物性タンパク質、植物性タンパク質の他にビタミンやミネラルも一緒に摂取することで髪の毛を形成する基となるアミノ酸を吸収することができるのです。

また気になる脂質を抑える栄養素としましてはビタミンB2やB6があります。

これらが不足してしまうと肌荒れや炎症を起こしやすくなったり皮脂が出やすくなってしまいます。頭皮の皮脂を抑えるためにもビタミンが豊富な緑黄色野菜をたくさん食べる様にしましょう。

自立神経のバランスと脂の分泌の関係

過剰な皮脂の分泌を防ぐためにも健康的な生活を送ることが大切になり、中でも睡眠は大切な要素になります。毎日早寝早起きをしていると生活のリズムが一体になって自立神経を正常に保つことができます。

また睡眠を取る時間帯も重要で体内時計を正常に保つには夜10時から2時の間には熟睡していることが大切になります。

尚、この時間には成長ホルモンが分泌される時間帯にもなりますので、髪の毛の成長には欠かせないゴールデンタイムとなるのです。

ホルモンバランスの乱れやストレスが女性の薄毛の原因

正しい洗髪は皮脂の除去に欠かせない

もしも洗髪が不十分ですと角栓が詰まってしまう原因になります。お勧めの方法としては事前にブラシで頭皮の汚れを落とすこと。

特に整髪料を付けている方は固まった髪の毛をほぐして髪の表面の汚れを落としておくことで洗髪の時に髪の毛の根元までお湯が届く様になります。

シャンプーをたくさん使えば頭皮の汚れが落ちる感じがしますが、強い洗浄力のあるシャンプーを使うと頭皮が乾燥してしまい、皮脂が出やすくなりますので逆効果です。

少量のシャンプーを泡だてて浸透するように使用することも洗髪のポイントになります。そして洗髪の方法と致しましては、頭皮をゴシゴシと強く擦らないようにしましょう。

これは地肌を強く擦ってしまうことで刺激から皮膚を守ろうとして普段以上に皮脂が分泌されてまうからです。もしこの様な習慣があると悪循環になってしまうので、指の腹を使ってなるべく優しくマッサージをする様に洗う様にしましょう。

またシャンプーやコンディショナーをきちんとすすがないと残りカスが頭皮に残ってしまう場合があります。これらは被れや常在菌が異常に繁殖をしてしまう原因になりますので注意して行いましょう。

シャンプーと地肌の相性もありますので女性の薄毛はシャンプーや髪を洗う生活習慣が原因に?を詳しくはご確認ください。

まとめ

如何でしたでしょうか?この様に男性だけだはなく、女性の方でも食事や生活習慣が乱れると皮脂が異常に分泌されてしまうことで、ケアを怠ってしまうと角栓ができてしまいます。

また現在既にフケや白い塊が爪に付いてしまっている場合には早めに改善をする必要があります。

特に女性の方は髪の毛が長い方が多いので、生活習慣の他に毎日行うシャンプーの方法を見直してみると良いでしょう。

また上でもご説明をさせていただきましたが、一度角栓ができると完全に完治することは難しいところです。

しかし改善を試みることで少しでも症状が治まる場合がありますので諦めずに日々の生活を見直して予防していきましょう。

 - 髪の毛や頭皮のケア