女性の薄毛の原因と対策│女性用育毛剤の正しい選び方

女性の薄毛・抜け毛の原因になる行動や習慣を元にした改善の方法やおすすめの育毛剤や髪の毛に関連する情報をまとめています。

1日の抜け毛の本数は平均何本?量が多いなら予防対策が必要

      2017/05/27

女性の髪

1日の抜け毛について(女性)抜け毛と言うのは男性だけではなく女性でも毎日起こることではありますが、特に女性は髪の毛を大切にしている方も多いので気になるところです。

また抜け毛の量は季節や年齢によっても違ってくるのですが、1日あたり100本程度でしたら問題ないと言われています。

一日の平均的な抜け毛の本数が100本程度と言うのは髪の毛全体の量が約10万本前後とした時の目安になります。髪の毛の量は人によって差がありますが、10万本と言うのは平均的な髪の毛の量とされています。

しかし100本と聞いてもどの位のボリュームかが分からないと思いますので、ぜひ髪の毛が長い方は100本とはどの位のボリュームになるのかを数えてみると良いでしょう、また枕に抜けた髪の毛の本数やブラシに残った髪の毛も数えてみると良いでしょう。

数えた時に思っていた以上に100本と言う本数に驚いてしまうかも知れませんが、しかし裏を返せばこの位は抜けても大丈夫だと言うことを覚えておいていただければと思います。

しかしその状態によってはただの抜け毛ではなくて異常がある場合もありますので、単に抜け毛の本数だけではなくて髪の毛の状態に着眼する様にしてみましょう。

抜け毛の本数は年齢と季節に大きく関係する

抜け毛は年齢や季節に大きな関係性があり、時期で抜け毛が多い季節と言えば夏から秋になります。逆に抜け毛が少ない季節は冬~春にかけてになりますが、人によってはその差が3倍くらいになる場合もあります。

ですのでただ1日や2日間だけの抜け毛の量を見て多いとか少ないとすぐに決めつけてしまうのは決して正しい判断だとは言えないでしょう。1日に100本程度と言うのは統計的に目安の数字となりますのでその程度であればあまり気にしないでも良いと言えます。

また抜け毛は年齢と深い関係があり、抜け毛の理由の中でも加齢が問題となっている場合が多くなっています。

元々女性における髪の毛の寿命と言うのは5年~8年と言われていますが、20代の女性の髪の毛と50代の女性の髪の毛を比べてみると50代の方が髪の毛の成長が遅く、また早く抜けやすい傾向にあるので中年の女性は注意が必要です。

寿命が終わった後に抜け毛が起こるのですが、どうしても年齢を重ねるとこのサイクルが短くなってしまうので加齢が主な抜け毛の理由になっているのです。

女性の特有の物にもなりますが、女性は40歳を過ぎたあたりから更年期障害が起きる場合があります。

これは一般的な髪の毛の成長サイクルとは異なり、加齢とともに女性ホルモンの分泌が落ちてきてしまうのが直接的な抜け毛の原因になっていることがあります。

この様に女性における抜け毛の理由は季節や年齢のことを加味して判断して、それぞれに合った対策を講じる必要があるのです。

抜け毛がどれぐらいあるか調べてみよう

気になる抜け毛の確認するタイミングや方法についてのお話をさせていただきます。

仕事中は、どの位の抜け毛があるのだろうかと気になる場合がありますが、実は活動中に自然に抜ける髪の毛の量と言うのはさほど多くはありません。

1日の中で髪の毛が抜け落ちるケースと言うのは殆どが先シャンプーやブラッシングの時、または就寝時になります。

なのでこれらの場合の抜け毛の状態と本数を確認すれば現在の髪の毛の状況を調べることが可能なのです。日々抜け毛の確認を怠らずに行うことが重要となりますので忘れずに行うようにしましょう。

就寝時の抜け毛本数を数える

布団にある抜け毛を数える方法になりますが、正確な本数を数えるには就寝前にはコロコロクリーナーなどで布団の上を綺麗にしておいて朝起きたら枕やシーツに付いている髪の毛の数を確認します。

朝は忙しくて抜け毛の状態を確認する時間がない場合には帰宅時に確認する様にとっておきましょう。

洗髪後にチェックしよう

入浴時は比較的時間に余裕がありますので、抜け毛の確認するタイミングとしては良いタイミングと言えるでしょう。

またシャンプーの時が1日の中でもっとも髪の毛が抜けます。

周りにも人がいないのでばれることもありませんので洗髪時はチェックする最適の時間帯となります。

準備としては洗髪前の風呂場にある抜け毛が混ざらない様にちゃんと除去をしておくこと、また抜け毛が排水口に流れてしまわない様にネットをかぶせておくのも良いでしょう。

時間に余裕がある方は、洗髪後に湯船に入りながら抜け毛本数を数えたり状態を確認するのも良いでしょう。

髪の毛が濡れて絡んでいる場合は、ドライヤーで乾かした後に抜け毛の確認を行なうようにしてください。

洗髪後のドライヤー・ブラッシングも重要です。

髪の毛を濡れたままにしておくのは髪の毛、頭皮に対してよくない事です。またブラッシングは抜け毛の本数、状態を確認を行うことが出来ますので必ず行なうようにしましょう。

季節によっても抜け毛の本数に差がありますので、季節を踏まえてブラッシングの時の本数を見たり、抜け毛の状態を確認するようにしてください。

基本的に冬場よりも夏場の方が抜け毛の本数が多くなりますが、それでも定期的にブラッシングの時の抜け毛本数を確認していれば、仮に冬場の抜け毛本数が多くなった時には早めに気づくことが出来るはずです。

おかしいと感じた場合は、生活習慣を見直したり酷い場合には医師に相談するようにしましょう。

抜け毛の状態

お風呂に入っている時や朝起きた時に抜け毛があると、どうしてもその見た目にショックを受けてしまいますが、本来の症状を知る為にも抜け毛の本数だけではなくて実際に抜けた毛の状態を確かめてから判断する様にしましょう。

髪の毛の絶対量が多い方であれば例え200本位の抜け毛がある方でも頭皮に問題がない方といらっしゃいますし、逆に1日100本程度の抜け毛の量だとしても問題がある方もいます。

ですのであくまでも抜け毛の本数だけではなくて実際の抜け毛の状態を見るようにしましょう。抜け毛の状態を見ないと詳しく原因を知ることが出来ないからです。

どの様な抜け毛の状態が危険なのかと言いますと、危険のある髪の毛の例としては細くて力がない状態の場合です。

この時の抜け毛の状態は、髪の毛に栄養が行き渡っておらずに細くなってしまっている状況なのです。また毛根を見た時に、デコボコしていて本来の球形の形をしていない場合が多いです。

このケースに当てはまる方は、毛根に皮脂や汚れが付いてしまっていて毛根が正常に育っていない場合があります。

抜け毛が細い場合は食事系ダイエットなどで髪の毛に栄養が行き届いていないことが考えられますので、髪の毛の成長に欠かせないタンパク質やビタミンをきちんと摂取出来ているのか思い返してみて日頃の食生活を見直してみると良いでしょう。

安全な抜け毛の状態としては、太くて長い状態、または毛根が丸くて綺麗な毛になります。

状態の悪い抜け毛が1/3以上あった場合は、いくら抜け毛の本数が少ないとしてもちゃんとした抜け毛対策を行った方が良いと考えられます。

平均値よりも抜け毛の量が多い場合や人よりも抜け毛の状態が悪いと感じた場合は、面倒でもその本数や抜け毛の状態をチェックしてどの位の割合で危険な状態の髪の毛があるのかを確認してみるといいでしょう。

女性の薄毛や抜け毛の症状は、複数ありますので女性の脱毛症と薄毛の関係から分かる女性特有の症状を参考にしてみてください。

抜け毛の対策について

特に女性の場合の抜け毛対策ですが、男性と違って遺伝性の理由によるものは少ないので、どちらかと40代以上の更年期障害の可能性が高いのでホルモンバランス整えることが重要になって来ます。

では抜け毛対策のためにどの様なことに気をつければ良いかと言いますと食生活と生活習慣を見直すことが第一になります。

特に髪の毛の成長に大切なイソフラボンがふんだんに含まれている大豆製品を意識して摂取するようにしたり、たんぱく質やビタミン、ミネラルも摂取する様にしましょう。

現代社会はストレス社会と言われるほど日々ストレスが溜まりがちですが、ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れて毛細血管に栄養が行き届かなくなってしまいます。

髪の毛の成長が遅れてしまうことで抜け毛につながる場合もありますので、抜け毛対策にはストレスを溜めない様にすることも大切です。

頭皮の中でも分け目部分から抜け毛が始まって行く場合があります。

そもそもどうして分け目から抜け毛が始まりやすいのか?それは毎日同じ部分で髪の毛を分けていることで分け目に常に負担がかかっているからです。女性の方の場合、アップスタイルやポニーテールなど同じ分け目の部分から髪の毛を引っ張ってしまうので、これも抜け毛が増える原因になっています。

また分け目の部分と言うのは他の頭皮部分と違って髪の毛のガードがありませんので、直接的に紫外線や摩擦のダメージを受けてしまうこともあり、抜け毛の原因にもなりやすい部分となるのです。

頭皮の紫外線対策が重要!髪の毛のUVカットとヘアケアグッズについて

分け目に関しての抜け毛対策としては分け目を変えることが一番の解決策になります。

女性の方は、髪の毛を引っ張る髪型も続けない様に何パターンかのヘアスタイルを持っておくと良いでしょう。

お風呂上がりなどの濡れた状態の時に普段と違う部分で分け目を作ってみたり、手ぐしで分け目を変えてみるなどいつもの分け目に対するダメージを軽くするように対策を行うようにしてください。

抜け毛対策を行うにあたっては大前提としてシャンプーの時になるべく抜け毛を増やさない様にケアをしておくことも大切です。

もちろんシャンプーをすれば抜け毛が出るのは自然なことなのですが、むやみに頭皮に対して刺激を与えると必要以上に抜け毛が増えてしまうこともあります。

力を入れてゴシゴシするのではなく、頭皮マッサージをおこないながらシャンプーをするようにしたりと日々の抜け毛対策を講じておいて損は無いのです。

具体的にシャンプー時における抜け毛対策はどの様にすれば良い?

シャンプーをする前には髪の毛が乾いている状態の時にブラシで髪の毛の絡みを取っておく様にしましょう。また髪の毛と頭皮を濡らして事前のマッサージを行います。

そしてシャンプーはちゃんとあわ立ててから頭皮に乗せる様にしましょう。

また洗い残しのない様にちゃんとすすぐことも大切です。

シャンプー後のケアとしてはドライヤーの熱は頭皮への負担が大きいので、ドライヤーをかける前に頭皮の負担を減らすためにある程度タオルで乾かす様にしましょう。

女性の薄毛はシャンプーや髪を洗う生活習慣が原因に?でより詳しい情報を公開していますのでよろしければ一緒に確認ください。

最後に

抜け毛自体は男女問わずに起こる現象となりますが、ホルモンバランスや洗髪時や前後の女性ならではの注意すべきいくつかのポイントがあります。

上記にご説明をさせていただいた抜け毛のチェックポイントは抑えるようにしてください。

特に冬~春にかけて本来であれば抜け毛の量が少ない時に本数が多いと言う方はぜひ原因に応じたケアを行っていただければと思います。

 - 薄毛や抜け毛の情報