女性の薄毛の原因と対策│女性用育毛剤の正しい選び方

女性の薄毛・抜け毛の原因になる行動や習慣を元にした改善の方法やおすすめの育毛剤や髪の毛に関連する情報をまとめています。

女性の抜け毛は深刻な問題!軽視せず対策を行ないましょう

      2017/05/24

髪を触っている女性

髪の毛のことを気にするのは男性だけの問題ではないかと思っている女性陣もいるかも知れませんが、実はそんなこともないのです。抜け毛は今や男性だけの悩みではなく、女性も深刻な問題となっています。しかし、育毛対策を行うことにより、改善していくことは可能です。

昨今はストレス社会ということもあり、女性の抜け毛も問題となっているのです。

どの様なことに注意をして行けば良いのかと言うことについてまとめていますので女性だからといって抜け毛を軽視せず、しっかりとした育毛対策を行いましょう。

女性の抜け毛の原因

女性の抜け毛の原因は、様々あります。

一つは、男性と同じく、ストレスや生活習慣の乱れです。

仕事や家庭でのストレスや偏った食生活、睡眠不足など、ありとあらゆる悪い習慣が、抜け毛の原因となります。

もう一つが、女性特有のホルモンバランスの乱れです。

女性は二十代後半をピークに女性ホルモンのエストロゲンが減少していきます。四十代を過ぎると更年期となり、エストロゲンがさらに減少してしまいます。

このエストロゲンの減少が薄毛に繋がっていきます。
また、女性は出産後も女性ホルモンのバランスを崩しやすくなってしまい、この時期にも髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

この抜け毛は産後にある程度の期間を経て、ホルモンバランスが落ち着いてきたら、自然と回復していきます。

女性の抜け毛には様々な要因がありますので、しっかりとした対策が必要となっています。

注意すべき抜け毛の本数

特に問題がないレベルでもだいたい一日のうち50本~100本であれば、頭皮の毛穴の数や髪の毛の量、また女性の場合にはヘアサイクルのことを考えても、自然脱毛のレベルとなりますのでこの位のレベルであれば注意すべき抜け毛の本数ではありません。

1日の抜け毛の本数は平均何本?量が多いなら予防対策が必要

ただ注意すべき抜け毛の本数といたしましては一日に150本~200本以上抜けてしまっていたり、最近髪の毛が細くなったですとかハリやコシが無くなったり、フケやかゆみが気になりだしたら本格的に抜け毛のことを気にしたほうが良いでしょう。

毛根の形について

最近抜け毛の本数が増えて来たと言う方は、一体何が起こったのだろうか?ととても気になると思います。

まだ自然脱毛であれば安心しますが、もしそうでない場合にはどうやってケアをすれば良いのかと心配になりますが、先ずは抜け毛対策の前に、抜けた髪の毛の毛根の形について確認をしてみましょう。

実際に毛根の形について調べることで自然脱毛なのか、または異常脱毛なのかと言うことが分かるのです。

具体的にどの様な確認をすれば良いのかと言いますと、抜け落ちた髪の毛の毛根をルーペや虫眼鏡を使って確認してみます。

自然脱毛の場合には毛根の形が少し丸みを帯びています。

しかし異常脱毛の場合には細く尖った様な形になっており、見た目的にも異常脱毛の方が変な形をしていますので分かりやすくなっています。

抜け毛の毛根の形について確認をした結果で抜け毛全体に占める異常脱毛の形をしている毛根の形が多かった場合にはヘアサイクルや頭皮環境が乱れてしまっている可能性が高く、また異常脱毛は何もケアをしないとそのまま治ると言うケースは少ないですので、何かしらのケアが必要です。

毛根の形について調べることはとても大切であり、症状が悪化してしまうと地肌が見えてしまう位の薄毛になってしまいます。

シャンプーの見直しや生活習慣についても育毛剤を使用するなどの改善が必要です。

毛根に膨らみがない場合

前項の確認をしている中で、毛根に膨らみがない場合にはどの様な状況が考えられるのでしょうか。

実は毛根に膨らみがない場合や毛根と毛先が同じ位の太さだったりする場合の抜け毛も異常脱毛である可能性が高いのです。またこの時に考えられる原因といたしましては栄養不足だったり、男性型脱毛症である可能性が高いのです。

女性の方の場合に関しては栄養不足が原因時になる場合が疑わしいですので、普段の食生活を振り返ってみて心当たりがある方は肉、魚、野菜、果物のバランスの良い食生活をする様に心がけましょう。

毛根に膨らみがない場合において、食生活はちゃんとしていると言う場合には、女性男性型脱毛症(略称でFAGA)の可能性も考えられます。

FAGAは30代後半からの加齢を伴うことによって女性ホルモンの分泌量が減り、その代わりに男性ホルモンの分泌が多くなることで起こる可能性が高いとされているのです。

短い抜け毛も要注意

朝、枕カバーを見た時に短い抜け毛も要注意です。

女性のヘアサイクルの周期は5~6年になります。新しい髪の毛が生えると約5年かけて成長をして数週間かけて退行期を迎えてその約3ヶ月後に休止期となって抜け落ちます。

抜け毛や薄毛で悩んでいる女性の中にとっては短い抜け毛も要注意なのです。

本来であれば成長期の間は髪の毛は伸び続けるはずなのですが、成長期が途中で終わってしまった髪の毛は短い段階で抜け落ちてしまいます。

因みに女性の薄毛の問題の中でも最も悩ましいのがびまん性脱毛になります。その目安となる中にも短い抜け毛も要注意となりますので、気になる方は注意をして見てみて下さい。

女性の抜け毛のケアをするには

最後に女性の抜け毛のケアをするにはどの様にしたら良いのかと言いますと先ずは皆さまが異常脱毛の対象者かどうかと言うことを見極めないといけません。

一番分かりやすいのが朝起きた時の枕カバーになりますので、毛根の形が尖っていたり、短い髪の毛がないかを確認しましょう。

もし対象者だった場合、抜け毛のケアをするには、髪の毛の成長を促進させる生活環境にしなければなりません。

食事のバランスを良くし、特にビタミンやタンパク質を多く摂る様にしましょう。また女性も男性同様にストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れますので、なるべくストレスを溜めない様にすることも大切です。

女性の抜け毛の対策

女性の抜け毛の対策として、原因が生活習慣の場合は、規則正しい生活を送ることで回復していきます。

バランスの良い食事を心掛けて、睡眠時間も多く取り、自分なりのストレス解消法を見つけるだけで、回復していきます。

ホルモンバランスの乱れの場合、出産後のホルモンバランスの乱れが原因ならば、自然と回復していきますが、年齢によるホルモンバランスが原因の場合は、対策が必要となります。

生活習慣とも繋がりますが、睡眠不足を避けて、ストレスが溜まらないようにして、なるべく体を暖めましょう。

食事面は、イソフラボンを摂取することをお勧めします。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれている成分で、エストロゲンと似た働きをするので、イソフラボン摂取をお勧めします。

外からも防ぐことが出来ますので、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントを行うこともお勧めします。

内からと外から両面でケアしていけば、回復していくでしょう。抜け毛自体は仕方ないことなので、あまり悩まずに過ごすことも大切。

悩みすぎても、抜け毛がストレスとなり、それが原因で抜け毛が進行してしまうという、悪循環が生まれる可能性もあるので、長い目で考えるようにしましょう。

女性の抜け毛についてのまとめ

女性の抜け毛は、男性とは大きく異なり、ホルモンバランスの崩れが原因となることもあります。ホルモンバランスが崩れても、抜け毛が起きない方もいらっしゃいますし、症状は人それぞれです。

抜け毛だけではなく、ホルモンバランスはシミやシワなどにも繋がってきますので、自分で出来る限るの努力をしましょう。不規則な食生活や睡眠不足など、生活習慣から改善していき、イソフラボンを含む、大豆製品を摂取しましょう。大豆製品は納豆や豆腐がお勧めです。

納豆や豆腐ならば、毎日食べても飽きませんし、値段も安いので、経済的にも助かります。

それでも改善しない時には、育毛剤や育毛シャンプーなども試してみて、自分なりの解決法を見つけましょう。生活習慣を改善するだけでも効果は変わってきますので、まずは規則正しい生活を送ってみることが大事。

女性で薄毛になるというのは、男性より精神的なダメージが大きいと思います。しかし、自分なりの努力をするだけで、改善していくことは可能なので、焦りすぎるのも禁物。

抜け毛のストレスで、さらに抜け毛が進行してしまうこともありますので、焦らず慎重に対策をしていきましょう。

 - 薄毛や抜け毛の情報